忍者ブログ

[PR]

2019年04月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転職活動その8

2009年05月10日
少し間が開き過ぎました、、、、面目ない。
GW中に少し息抜きをしていました。

さて、残り1社となっていた進行中の企業様ですが、残念ながら落ちてしまいました。
理由は「転職理由がネガティブ」ということです。ただ、今回はちょっと納得はできないですね。というのもネガティブな発言は極力少なくお話していましたし、どちらかというとポジティブっぽさを出そうとしていましたからね。
やっぱり、自分が表現する自分のとらえ方は人それぞれということなんだと思います。

ということで、前回の転職日記でも宣言していましたが、いったん転職活動はストップしようと思います。といっても、企業選考をしないというだけであって、調査や自分磨きはしていこうと思います。

でも、転職活動をすることで、外からみた自分の価値や、足りない部分等、色々と得るものがありまた、本当に自分が求めている仕事のフィールドがどういったものか?というのも再確認できたのかなと思います。
逆に、今の仕事場の魅力も再確認をすることができました。

今後は、面白そうな職場を物色しつつ、キャリアアップという視点から次のフィールドを模索していきたいと思います。
PR

転職活動その7

2009年04月25日
今日は、転職活動の現状を報告しようと思います。

応募企業数 : 7社

2次面接選考終了 : 1社(23日終了)
2次面接落ち   : 1社
書類選考中     : 1社(3週間ほど経過)
書類選考落ち   : 4社

という感じです。

前回、1次面接が合格したと報告した企業は、残念ながら2次面接で落ちてしまいました。理由も「企業側の求めるスキルに達していない」とのことで、納得はいくものでした。
やっぱり悔しいです。でも、それが事実だと思います。だからこそ、採用しておけばよかったと思われるくらい成長してやろうと思います。ええ、格好つけて言ってますよ。

2次面接まで行っている企業はもう1社あり、そこは、1次面接の際に流れでその日中に2次面接まで進みました。この企業はどちらかというと人間性(その企業に合う人間かどうか)を見ている印象を受けました。

他の企業は、残念ながら全て落ちています。

一旦ここで転職活動は終了しようと思ってます。もちろん現在選考中の企業も魅力のある職場であり、全力でぶつかるつもりです。ただ、今回の転職活動を通して、色々な企業の考え方や、理想、仕事の取り組み方を知ることができ、自分の考えや経験を客観的に評価できたことで、自分の考え方が変わってきました。

もちろん根にある自分の心は変えてないです。自惚れかもしれないけど、成長したのだと思ってます。

だからこそ、最後の企業の結果を踏まえ、今後の進み方をもっとよく考えようと思います。落ちてしまった場合も、しばらくは転職活動を再開しようとは思っていませんし、受かった場合も転職するかどうかはまだ決めていません。

ただ一つだけ言えるのは、どちらにせよ、自分をもっと成長させたい。そう思うようになりました。

今日はここまでにしますね。結果が出たらまた報告します。


ブログランキング・にほんブログ村へ よかったらクリックしてください。

転職活動その6

2009年04月15日
本日、先日面接の詳細を記載した企業S様から、1次面接通過の連絡を受けました。
なんだかんだいって、1次面接でも通るとホッとしますね。

コンサルタントでの話によると、やはり経験スキルが企業Sの事業内容と応募職種に非常にマッチしている点、競合会社からの応募している点から、即戦力としての評価が高かったそうです。
あとは、その評価に恥じないよう2次面接に挑もうと思います。

また、色々考えた結果、もっと挑戦してみよう、視野を広げようとおもい、追加で2社ほど応募しました。1社は大手アプリケーション開発会社(企業N)で、ソフト名とか、種類を言っちゃうとすぐにわかるレベルなので伏せておきます。
もう一社は、若干10名程度の企業様で、すべて自社請負で開発を行っているところです。
事業内容は、おもにシステム開発と、現職とは遠くもないものの違う世界となります。
なぜ応募したかというと、まだ成長途中であり大企業では任せてもらえないような案件等、「小企業ならではの経験」が得ることができそうだという点と、企業方針としての個人の評価方法など、仕事をする上での、ほかの企業よりも数段スキルアップが見込める雰囲気?そういう印象がとても強かったことです。
正直言ってまだ直感レベルですが、飛躍的に経験を積んでいく自分のビジョンが浮かんできます。

これから、もっと企業研究を行っていこうと思います。

転職活動その5

2009年04月14日
前回、肝心なことを記載するのを忘れてました。

そう、面接を受けた時の体験談です。

今回、1次面接ということで、品川にある企業Sに面談に行ってきた際の詳細です。


品川駅から企業Sがあるビルに入り、受付にて面接に来たことを伝えると、しばらくして、
面接用のブースへ案内され、アンケートの記載をお願いされ、案内役?の方は席を離れました。

アンケートを記載し、待っているとしばらくして先ほどの方が、適性試験を用意し戻ってこられ、
制限時間は20分にてスタート。
内容はいたって普通で、一般教養でもなく、「最後まであきらめないほうか?」などの適性試験そのもの
でした。ここでは飾る必要もないので、自分が思ったことを記載し終了。

次に、対応してくれていた人とは別の「採用担当」となる方が来られ、面接が開始しました。

面接が始まったんですが、もっと硬い形式のものと考えていた分、かなりラフな面接官だった為少し驚くも、
事前にお渡ししていた、「職務履歴」「履歴書」を元にかなりスムーズに会話が進みました。

聞かれた内容は以下の通り。

 ・ 職務履歴に記載の過去担当案件における詳細内容
 ・ 転職理由
 ・ 強みにしていた技術に関する知識確認と思われる質問
 ・ 現職について
 ・ 勤務箇所について
 ・ 質問

「長所や短所」「志望理由」「業務への強み」等の、一般的な面接で聞かれるであろうものがなかったことが、
少し気になりました。ただ、競合他社という位置づけとなるため、特に不必要だったのかもしれません。

緊張することもなく、言葉に詰まることもなく、会話がと切れることもなく、特に問題となるような間違いは
なかったと思います。

という感じで面接も終わり、結果は遅くとも1週間でお伝えできるとのことを聞き、企業Sを後にしました。
正直、面接担当の方が「関西人だと思われる」方でしたので、逆に落ち着いて話せたのだと思います。

時間的には、大体 筆記:25分 面接:1時間 といった感じです。

あとはただ祈って待つばかりです。

転職活動その4

2009年04月12日
一先ず、現状の報告を。

現在、6社応募中、

書類選考待ち : 3社
1次面接結果待ち : 1社
書類選考落ち : 2社

という状況です。
思ったほど良い結果は得られなかったものの、大変勉強になり満足といった感じです。

落とされた企業の、理由に関しても聞いており、
「若干1名の採用を検討しており、希望するスキルが不足している為」、
「即戦力を求めたいが、応募職種が経験職種と違い、スキル不足が否めない為」、
という理由でした。

この時期、中途採用に踏み切っている企業は、それ相応に即戦力となる人材を求めています。
そのため、より求めるスキルへの差別化が図られているのが現状でした。

私はこの結果を聞くまで、もう少し甘い考えをしていました。現職での経験は、同年代、同社の中では高いと考えていたため面接までは行けるだろうと。
ですが、所詮1企業の、1分野の知識なのです。企業によってその他多くのスキルの中から、自社に必要なスキルを所望しています。中途採用ならなおさらその要望は強いものでしょう。
新卒採用のように、自社色に染めるのが目的ではなく、より高い水準の給与及び待遇を用意し、直ぐにでも貢献が見込まれる人材を探しているのです。

よくよく考えれば当たり前のことでした。

自分の小ささにショックを受けたと同時に、もっと知ることができる希望を見ることができたと思います。

では、逆を言えば「その企業に受かるということは、少なからずその要望に見合ったスキルを認めてもらえる」のです。
俄然やる気が出ます。

もし転職を考えておられる方が見ていらっしゃるのであれば、一言だけ助言させてください。
転職を迷っているにしろ、転職活動がうまくいかないにしろ、自分で考えいくつも選考してみてください。
その結果、「自分に足りないもの」、「需要のあるスキル」、「他の企業の考え」そして、「正しい自分の能力の認識」を得られますから。

そこから、自分がどうすることがよいのか、再度考えなおしてください。
その答えは、どんな結果にせよ、より確固たる自己の意志をもつ為の力となるでしょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 | HOME | 次のページ »